2009年05月02日

グーグル 本社の敷地に山羊!?

  インターネット時代の開拓者の米検索大手グーグル(Google)が、山火事予防の為、「山羊はたいていのものは何でも食べてしまう」という昔ながらの知恵を活用している。 グーグルは、米カリフォルニア(California)州北部マウンテンビュー(Moutain View)にある同社本社の敷地に約200頭の山羊を放し、敷地内の草を食べさせている。 カリフォルニア州は山火事が多く、ここ数年間の水不足で山火事の危険性は特に高まっている。 同州で雨の比較的多い短い季節に繁茂した草や低木は、その後に続く乾燥した季節に枯れて燃えやすくなる。 消防隊員らは常日頃から、低木を取り除いて、火事が拡大しないための緩衝地帯を作るよう市民に呼びかけている。 グーグルの不動産・オフィスサービス部門を率いるダン・ホフマン(Dan Hoffman)氏は、同社の公式ブログで、「騒音を出し、ガソリンを消費し、空気を汚す草刈り機の代わりに、山羊を借りてきた。彼らが我々の代わりに仕事をしてくれる。(決して「冗談」じゃないですよ)」と述べた。 カリフォルニア州北部では、低木の掃除に山羊を活用する事が一般的で、特に人が入り込めない場所や機材を持ち込めないところでの山羊の活用はよく行われている。 山火事防止にそんな方法があるとはexclamation&question
posted by ナカヒロ at 22:12| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
釣りなら プラネット・グリーンeストア(ザ・ノース・フェイス) アフィリエイトとSEO対策で稼ぐ授業 アウトドア&フィッシング ナチュラム エディー・バウアー オンラインストア 父の日特集
  • seo
SEO対策 無料検索エンジン リンク集

Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。