2009年05月02日

世界1のリフティング記録達成!!!

  25歳の英国人男性が1日、ロンドン(London)の人気観光地の1つコベントガーデン(Covent Garden)で24時間連続でサッカーボールのリフティングに成功し、ギネス世界記録(Guinness World Records)を樹立した。 この記録を打ち立てたのはダン・マグネス(Dan Magness)さん。同日午前9時30分(日本時間同日午後5時30分)に過去の記録19時間30分を経過。その後もリフティングを続けた。24時間が経過する数秒前、見物客らの歓声を受けてリラックスし、危うくボールを落としそうになったが、すぐに冷静になりコントロールを取り戻した。 記録達成の瞬間、200人近い見物客は割れる様な拍手を送った。疲れ果てたマグネスさんは両手を高く上げて喜びを表現し、妻を抱きしめた。その後、世界ギネス協会の審査員がマグネスさんの偉業を確認し、認定書を手渡した。記録に挑戦中、マグネスさんはほんの数回の短時間の休息しか認められなかった。 マグネスさんは英国南部のミルトンキーンズ(Milton Keyne)出身で、自称「フリースタイル・フットボール」の提唱者。国際的に有名な米国の魔術師デービッド・ブレイン(David Blaine)になぞらえて「サッカー界のデービッド・ブレイン」を名乗っている。  サッカーをする人にとって、この「リフティング」がうまくなりたいと思う人は多いはずひらめき  特にサッカーチームに入りたての幼稚園生や小学生ならなおさらだ。 うちには、そんな風にうまくなりたい小学生が2人いるひらめき ネットで色々調べてみると、最初の頃は一回蹴ったら、手に持つ。これの繰り返しか。 一回蹴ったら、ワンバンさせてまた蹴る。 これの繰り返しで十分に蹴れるようになるそうだ。 何よりも、1番いけないのが本人がやっているのに親が口を挟むことらしい。確かに反省しきりだ。  あとはやはり、毎日の継続である。 夕ご飯の前に1日、とりあえず50回はやるように子供達には宿題にしてある。   休みの日のサッカーの試合がとても、楽しみである。  でも技術だけでは試合では勝てないのがスポーツというもの、サッカーもボールコントロールがうまくても取ったボールを敵陣にドリブルしながら切り込んでいき、シュートが蹴れなければ意味がない。 そこらへんになると、持って生まれた物になってしまうのかもしれないひらめき 父は祈る事しか出来んがく〜(落胆した顔)
posted by ナカヒロ at 16:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
釣りなら プラネット・グリーンeストア(ザ・ノース・フェイス) アフィリエイトとSEO対策で稼ぐ授業 アウトドア&フィッシング ナチュラム エディー・バウアー オンラインストア 父の日特集
  • seo
SEO対策 無料検索エンジン リンク集

Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。